甲斐の虎武田信玄!!戦国屈指の武将!!

あなたは武田信玄と言われれば何を思い浮かべますか?

信玄といえば有名な風林火山の四文字であったり、上杉謙信との川中島での戦いが有名です。

しかし信玄は他にもさまざまなエピソードがあるのでみていきましょう!

 

もくじ

武田信玄の誕生

父の追放と息子を殺す!?

永遠のライバル信玄と謙信!!

まとめ

 

武田信玄の誕生

武田信玄は1521年甲斐に生まれました。幼少期の名前は勝千代といいます。

信玄が誕生したとき、父信虎が合戦中であり、母親は避難先の寺で信玄を産みます。まさに合戦のさなかに戦の申し子武田信玄は生まれました。

 

父の追放と息子を殺す!?

幼い頃の信玄は理屈がちな文学少年でした。一方父信虎は力づくで乗り切る荒武将でした。つまり2人は反りが合わなかったのです。

そんな中で信虎は信玄の弟信繁に家督を譲ろうとしていたために、信玄は父を駿河へ追放しました。弟信繁はすぐに信玄にしたがって、信玄のサポートをしました。

しかし、父を追い出した信玄と父の関係が完全になくなったわけではありません。先に信玄が亡くなったときには、信虎は駆けつけて看取ったといいます。

時が少しすぎ、織田信長今川義元を桶狭間で打ち破ったとき、信玄が今川家の駿河に侵攻しようとした。これをみた、今川義元の娘を正室に迎えている息子義信が強く反発しました。信玄はこのことを許さず義信を幽閉し、義信はその後自害しました。

これは、かつて信玄が父を追放したように、実力のある息子から同じことをされるのを恐れて無理矢理殺害したかもしれません。

 

永遠のライバル信玄と謙信!!

父を追い出した信玄は躍進し、信濃を制圧しました。そんな時に現れたのが上杉謙信でした。信玄と謙信は川中島で5回も戦をしましたが、決着はつきませんでした。理屈がちな信玄と、天才タイプの謙信は違いに認めあっていたとも言われています。

信玄にはさまざまなライバルがいました。今川義元を撃ち破った織田信長です。信長は信玄を恐れて、信玄とは戦わないようにしていました。信玄が亡くなってから信長は武田家を滅ぼします。

また、徳川家康も信玄のライバルでした。しかし、若い家康では信玄に全くもって歯が立たず、家康は惨敗を喫しました。

 

まとめ

武田信玄は広大な領土を押さえたわけでもなく、これほどまでに有名な武将であるのは、周りに有名な武将が多かったことが起因しているといえます。

とはいえ、信玄は優秀な武将が優秀な武将であったことに間違いはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA