義理の兄織田信長が滅ばされた!!誠実な浅井長政!!

浅井長政といえば、織田信長の妹お市の方を正室に迎えた戦国武将でしたが、信長に歯向かったために滅ぼされた武将です。

ではなぜ浅井長政は信長滅ばされることになったのかを見ていきましょう!!

 

もくじ

浅井長政の誕生

信長との同盟!!

信長に滅ぼされる

まとめ

 

浅井長政の誕生と父を隠居させる!?

浅井長政は1545年に近江(滋賀県)に生まれました。幼少名を猿夜叉丸といいます。最初の名前は浅井賢政といいました。というのも南近江の武将六角義賢に父久政が従っているため、(賢)の字が入っていました。

弱い父久政に反発した長政は六角氏の家臣の娘と離縁し、家臣と協力して久政を隠居させます。

これに怒った義賢は長政に軍を送りました。しかし長政は六角軍を打ち破り、浅井家は六角家から独立を果たしました。

 

信長との同盟!!

長政の武勇を聞きつけた尾張の織田信長は、美濃(岐阜県)の斎藤家攻略のために長政と手を組もうとします。そこで信長は妹のお市の方と長政の縁談を取り持ちました。

またこのとき信長から一文字もらって名前を賢政から長政に改名しました。信長はこれには大いに喜んだようです。

その後信長が足利義昭を上洛させるときに、上洛に参加しました。つまり織田家と浅井家の同盟は盤石なものであったのです。

 

信長に滅ぼされる

長政と信長は良好な関係でした。しかし、浅井家はかねてから朝倉家との親交も深かったのです。朝倉家当主朝倉義景は打倒信長をかかげために信長は義景へ攻め込みました。長政は同盟を破って親交の深い義景に味方し、織田徳川連合軍の背後から襲撃します。

このときお市の方が信長に袋の両端を縛った小豆の袋を送り、織田軍が袋のねずみであることを知らせたという話が残っています。

その後姉川の戦いによって浅井家と朝倉家は敗れてしまい、長政は小谷城に籠りました。小谷城に織田軍の大軍が押し寄せると、長政はなすすべなく自害してしまいました。

 

まとめ

浅井長政は絶世の美女お市の方と結婚したことが有名です。またこの2人の間に生まれた三姉妹は非常に有名です。長女の茶々は秀吉の側室となり、次女のお初は京極高次の正室に、三女のお江は徳川秀忠に嫁ぎました。

浅井家の血筋はお江によって守られたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA