石田三成を支えた名軍師大谷吉継!!

あなたは石田三成の盟友大谷吉継を知っているでしょうか?

吉継は、三成とともに豊臣秀吉に仕え、三成とともに関ヶ原の戦いに挑んで敗れてしまった戦国武将です。

なぜ吉継が三成とこれほどまでに親しいのかを見ていきましょう!!

 

もくじ

大谷吉継の誕生

吉継、難病に悩まされる

三成ともに関ヶ原の戦いに挑む

まとめ

 

大谷吉継の誕生

吉継の出生については諸説ありはっきりとはわかっておりません。大友家の家臣の子供である説。秀吉の隠し子である説などがあります。もし吉継が秀吉の隠し子であれば、秀吉から「」の字をもらった話は理解しやすいです。

 

吉継、難病に悩まされる

吉継が三成と仲良くなったのには理由があります。大坂城で開かれた茶会で武将たちが茶をまわし飲みしていた時、難病の吉継の顔にあるが茶碗に落ちてしまいました。まわりの武将たちはその茶を飲むのを嫌がりましたが、三成だけはその茶を飲み干し、さらにおかわりまで要求したそうです。

それ以来吉継は三成に恩を感じて、三成についていくようななりました。

しかし、吉継の難病はひどかったです。関ヶ原の戦いのときには、視力のほとんど失い、体の自由もままならず、戦場には戸板にのって指揮をしました。

 

三成とともに関ヶ原の戦いに挑む

秀吉が亡き後、前田利家が亡くなったことで、豊臣からどんどん武将が離れていきました。また、三成が武断派の加藤清正から襲撃を受けたことにより三成は徳川家康に仲介を依頼しました。これにより三成は蟄居させられてしまいます。

三成と家康の対立が激化するなか、吉継は三成には人望がないため、不利だと考えると、東軍に参加しようとしていました。

しかし三成から度重なる説得をされ西軍につくことを受け入れました。ただ、吉継は「三成には人望がなく、家康は人を動かす政治力があるから勝てない」と言いました。これは吉継と三成の信頼関係がなければいえないような大胆な発言です。このような状況なので、吉継は無二の親友三成に命を捧げたようなものでした。

天下分け目のの関ヶ原の戦いの勝敗が決定的になったできごとといえば、小早川秀秋の裏切りです。吉継は優れた洞察力で秀秋の裏切りを事前に勘づいていていました。そのため関ヶ原では裏切るであろう秀秋の近くに陣を取ります。しかし、秀秋が裏切ったことで周りの武将も裏切ってしまいます。これを予想していたなかった吉継はなすすべなく自害することになりました。

 

まとめ

秀吉が

一度は100万の大軍を指揮させてみたかった

と伝えられているほどの名軍師です。

また盟友三成との情もあつい真っ直ぐな戦国武将でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA